NEWS

大人顔タイプの骨格ナチュラルはどう合わせる?骨格タイプ×顔タイプの組み合わせ

・似合うファッションが分からない
・ヘアスタイルもどうしたら良いか分からず適当になってしまう
・カッコよくなりたいけどどこから手をつけて良いのか分からない

 

そんな男性の方々って、多いのではないでしょうか?

 

「センスがないからオシャレになんてなれない」なんてお悩みを良く男性の方々から聞く事が本当に多いんです。

 

そんなお悩みを持つ男性の救いの手となる「メンズ顔タイプ診断」が今年の6月に誕生しました!

 

その「メンズ顔タイプ診断」の理論をベースに、服に悩む一般男性を劇的に変化させてみよう!という事でメンズビフォーアフター企画がスタート。
ファッションに悩む男性に対して募集を募り、沢山のご応募を頂きました。

 

 

大人なスタイルでスマートに!ヘアスタイルビフォーアフター【クール編】 そのご応募頂いた中で、前回は<大人×直線>のクールタイプのビフォーアフター事例の解説をしました。

 

 

私は「メンズ顔タイプアドバイザー」だけではなく、「骨格スタイル1級アドバイザー 」のアナリストでもあります。

 

骨格のノウハウもあるなかで、この男性はどちらかというと「顔タイプ診断」の要素をメインとして、スタイリングをしたのですよね。

 

お客様からのご質問もとても多い、メンズの骨格タイプと顔タイプの組み合わせ。

 

今回は、クールタイプ×骨格ナチュラルタイプの事例に合わせて解説していきます^^

 

 

メンズ骨格診断

 

 

まずは骨格診断についておさらいしてみましょう!

 

メンズに置き換えても、基本的なメソッドは同じですね! 女性と同様に<ストレート・ウェーブ・ナチュラル>の3タイプに、体型の特徴に応じて分かれていきます。
●ストレートタイプ ・身体に立体的な厚みがある ・ハリと弾力のある肌 ・筋肉が付きやすい

 

●ウェーブタイプ ・筋肉が付きにくく脂肪がつきやすい ・骨が細くて男性ながら華奢体型 ・重心バランスが下にある

 

●ナチュラルタイプ ・手足が長い ・フレーム感が際立つ、骨感が強い印象 ・肩幅も広めな方が多い ・どちらかというとドライ目な肌質の方が多い

 

というような特徴があります。

 

なので ストレートタイプ→着太りして見えやすいからスッキリスマートに見せたい。 ウェーブタイプ→下重心で足が短く見えやすいからそこをカバーしたい。 ナチュラルタイプ→骨感が目立ち貧相に見える場合もあるから、それをカバーしたい。

 

代表的な所ではそのようなお悩みが多く聞きますね。

 

なので骨格タイプの理論としてのナチュラルのスタイルアップは ・素材に厚みのあるモノを選び、骨感をカバーする ・ピッタリシルエットではなくゆるめシルエットで骨感や身体の薄さをカバーする などというカバーテクニックが多く挙げられます。

 

そのような特徴を持つのが、今回のモデルさんの骨格タイプでもあるナチュラルタイプ。 では前回も解説しましたが、顔タイプクールは?

 

メンズ顔タイプ診断のクールタイプ

 

世代感:大人顔
形状:顔パーツに直線が多い
パーツの大きさ:大きめ

 

大人っぽさがあり・男性らしいスマートお顔立ちが特徴の「クールタイプ」。

 

芸能人でいうと、小栗旬さん・西嶋俊秀さん・鈴木亮平さん・赤西仁さんなどのスマートメンズがこの「クールタイプ」となります。

 

クールタイプが本来持つ大人感・スマートさを引き出す事で魅力を開花する事が出来るんですよね!

 

なので スマートでスタイリッシュなスタイルが似合うクールタイプにおいては、「骨格ナチュラルが似合うとされているボリュームシルエットは苦手」という事が言えます。

 

これが例えば「骨格ストレート×顔タイプクール」といった組み合わせであれば、スタイリングは容易ですね。 ・Iラインのスマートシルエットでスッキリ見せる事で、スタイルアップが出来る骨格ストレート ・スマートなシルエットや着こなしで、お顔の印象に合うスタイルが出来る顔タイプクール

 

「骨格ウェーブ×顔タイプクール」になると ・華奢な体型を活かしながら、コンパクトな細身シルエットでスタイルアップが出来る骨格ウェーブ ・・スマートなシルエットや着こなしで、お顔の印象に合うスタイルが出来る顔タイプクール ウェーブ×クールも、ストレートと同様に一貫性があります。

 

じゃあ骨格ナチュラルのクールさんはどうしましょう? 今回のモデルR様のスタイリング事例を参考にしながら見てみましょう!

 

 

骨格ナチュラル×顔タイプクールをどう組み合わせる?

 

という事で、クール×ナチュラルの変身事例はこちら!

 

ビフォーのスタイルは、ゆるめシルエットにする事で身体の骨っぽさは悪目立ちせずに骨格ナチュラルの理論としてのスタイルカバーは出来ています。

 

アフターのスタイルは、シルエットは細身でスタイリッシュにしていながらも、特に骨感が悪目立ちする印象もなくお顔のスマートさを活かすスタイリングとなっていますね!

 

なので、私独自の解釈としての「顔タイプクール×骨格ナチュラル」は 貧相に見えないよう骨感をカバーしながら、出来る限りスマートなシルエットで大人なスタイリッシュなコーディネートに仕上げる、という事。 骨っぽさが悪目立ちせず「貧相」という印象にならなければ、いっそお顔の印象に合う

 

・スタイリッシュな細身シルエット ・スマート見えするツヤ感のある素材のセレクト

 

などの骨格ナチュラルと違う要素に仕上げた方が、お顔の印象に調和してモデルさんのように俄然魅力UPに繋がるというわけです!

 

なので私が骨格ナチュラルの大人顔さんのスタイリングをする時は
・厚みざっくりローゲージニットではなく、貧相に見えなければハイゲージのツヤ感のあるニットを選ぶ ・ジャケットもシェイプの効いた細身シルエットを選ぶ ・足元もボリュームシューズではなく、スタイリッシュに見えるコンパクトなシューズを選ぶ
というような目線でアイテムを見る事が多いんです。

 

勿論骨格理論における骨感カバーも大切なので、そこもふまえながら大人顔の良さを活かせるスタイリングに落とし込んでいくのがベストとなるわけですね^^

 

 

まとめ

という事で、今回は「骨格ナチュラル×顔タイプクール」はどう組み合わせたらいいの!?という事例を解説させていただきました!

 

骨格診断理論でスタイルアップ・スタイルカバーは出来ても、やはりそれだけでは完全な魅力アップに繋がらない。

 

お顔立ちの魅力を活かせる「テイスト」をしっかりコーディネートの中で意識する事で、もっともっと「似合う」コーディネートが出来るようになります!

 

「骨格診断の結果は知ってるけどイマイチしっくり来ない・・・」。 そんな方でもし同じクールタイプの方がいらっしゃいましたら、今回の解説をご参考に頂けましたら嬉しいです^^

 

 

お顔の持つ印象から、ご自身が持つ魅力を引き出していく「顔タイプ診断」。

是非このS様の変化が、読者の皆様が勇気を出すキッカケになってもらえたら嬉しいです^^

 

 

 

writing:森岡 裕之

プロデューサー/岡田実子 森岡裕之
撮影/細谷聡