BLOG

写真を撮って分析します

写真を撮って分析します

顔タイプの分析の際に、①目でみて確認する項目と、②写真に撮った顔を定規で測り、計算をして確認する項目があります。
計測をすることで、感覚だけに頼らない安心感のある診断ができます。ただ、顔は立体的ですので計測が難しいです。試行錯誤の途中は顔をそのものを測っていましたが、人によって測り方が違うことがあり、結果数値も違うものになってしまいました。
これではいけないということで、色々試した結果、写真を撮ると平面で測ることができるので、ずれがおきず、同じ数値が導き出せるとわかりました。

スマートフォンで撮影して、画面上の顔を定規で測る。
もしくはカメラで撮影して、プリントアウトした写真を測る。

そんなふうにすることで、誰でもが同じ結果を導きだせる部分ができました。
これは一般社団法人日本顔タイプ診断協会のオリジナルの方法です。

LINEで送る
Pocket

顔のタイプを4つに分類し、似合う服のテイストを診断する日本初の資格
顔タイプ診断協会(東京・銀座)

受講生募集中!お申込み・お問合わせはこちら

Pick Up

Archives